謎の毒親

著者 姫野カオルコ 「毒親」という言葉は、「毒になる親」という本から始まった言葉だと思う。この本を確か、15年くらい前に読み、まさに自分の親のことだと思った。そんな人はたくさんいるのかもしれない。 姫野カオルコは知り合い…

続きを読む →

琥珀のまたたき

著者 小川洋子 私は、父親不在の家庭で育った。母方の親戚全体が父を貶めていた。そしてダメ押しのように「あんたは父親そっくりだ」と言われた。 その理不尽さに気が付いたのはいつなのかわからない。しっかり言語化できるようになっ…

続きを読む →

またの名をグレイス

ネットフリックスオリジナル作品 カナダで実際に起こった殺人事件をベースに書かれた小説が原作。若く美しい下働きの少女は、本当に同じ家で働く男とともに雇い主とその愛人を殺害したのか? 疑惑の主人公グレイスは殺人罪に問われ、す…

続きを読む →

六月の雪

六月の雪

夫が図書館で借りて、すぐ読み終わったので私も。彼はあんまりおもしろくなかったようだ。ところが、私は一気にのめりこんでしまって、夫とは正反対の理由で速攻で読み終わった。 今までうっすらと日本もかつてはアジアの各地に植民地を…

続きを読む →