いつも彼らはどこかに

著者 小川洋子 動物にまつわる八編の短編集。 登場人物たちは、おおむね孤独な生活をしている。一人暮らしで、貧しいらしく、金銭的に余裕があるようにはみえない。過去に複雑な事情を抱えている様子もうかがえる。ある程度の年齢なの… 続きを読む いつも彼らはどこかに

ことり

著者 小川洋子 小鳥の小父さんと呼ばれた男性の物語。 男性の7つ上の兄は、10代の初めで人の言葉を話さなくなる。弟である小鳥の小父さんだけが、兄の言葉を理解し、他のみんなに伝えることができた。それはポーポー語という言葉だ… 続きを読む ことり