ライムライト

監督・主演 チャーリー・チャップリン 脚を痛め、自殺を図ったバレリーナを助ける落ち目の喜劇役者カルヴェロ。彼女を励まし、立ち直らせ、彼女もカルヴェロを愛するようになるが…。 よくあるオジサンの夢 チャップリンがメガホンを…

続きを読む →

ショーシャンクの空に

年下のエアロビクス仲間に今までに一番感動した映画は?と聞いたところ、この映画がイチオシ!ということで見てみた。 言わずと知れた名画だ。昔から名前だけは知っていた。でも何となく見なかった。だって、刑務所の話で、男しか出てこ…

続きを読む →

検察側の罪人

海外旅行の帰りの機内で見た。 「検察側の証人」というアガサ・クリスティーのミステリーがある。こちらは最後にどんでん返しがあって、おもしろかった。子供の時に読んだのによく覚えている。クリスティーの中でも一番好きなものの一つ…

続きを読む →

ネオン・デーモン

ものすごーく、視覚だけに訴えた映画だと思う。出てくるのがトップモデルばっかりなので当然美女ばっかり。その美女たちが最先端…かどうか私にはわからないけどすっごいファッションに身をつつみ、または包むものがほとんどない状態、つ…

続きを読む →

天賦の才

旅行中の飛行機内で「ボヘミアン・ラプソディー」を鑑賞。 機内がうるさくて、ヘッドフォンを付けていても音楽が聞こえない。そもそも、ヘッドフォンが大きすぎて頭にうまく収まらずすぐずれるので集中できない。 あんまり映画鑑賞には…

続きを読む →

ティファニーで朝食を

言わずと知れたオードリーヘップバーンの代表作。学生時代から何回か見ている。今回はネットフリックスで見かけて久しぶりに鑑賞した。 見始めてすぐに昔とは違った感想を抱く。オードリーヘップバーンはいつ見ても美しい。しかし、やせ…

続きを読む →

引っ越し大名

引きこもり武士の星野源がめんどくさい仕事はやりたくない上役武士から藩の引っ越しの責任者にさせられて奮闘するコメディ。高橋一生と濱田岳、高畑充希がとってもいい味出していて終始笑いがこぼれてしまう楽しい映画でした。 柳沢吉保…

続きを読む →

マリリン 7日間の恋

マリリン・モンローといえば、かわいくてきれいだけど頭のよくない金髪美女、というイメージ…などというのはもう古い。これは彼女が自分を売り出すために作り上げた女優としての形だ。当時の(たぶん今でも)男性たちが女性に求めるもの…

続きを読む →

万引き家族

テレビで放映されたものを録画してあったのでCMを飛ばしながら見ました。 とっても話題になった映画なので、ネタバレOKということで、感想を書きます。 この家族は血縁関係はまったくありません。ぜんぶ赤の他人です。それなのに、…

続きを読む →