幼年期の終わり

アーサー・C・クラーク ずっとずーっと気になっていたがどうしても読む気になれなかったSF小説の古典(なのか?) たまたま、職場にアニメおたくがいて、いくつか漫画を貸し借りするようになった。その中に昔読んだ萩尾望都大先生の…

続きを読む →