羽衣

羽衣の特徴

系統 [LCl]大輪咲クライミング・ローズ
咲き方 四季咲・房咲
花径 12㎝(大輪)
樹形 つる性
樹高 3m
葉の特徴 黄緑、あまり密生しない
香り 中香(フルーツのようなさわやかな香り)
作出 1970年 日本 鈴木省三氏(京成バラ園)

薄めのピンク色で大輪に咲くつるバラ

  • 耐寒性に優れているということで、北側のもっとも寒いところに植えたため、他の株よりも生育は遅かった。その分、他より遅れて咲き始め、ながく楽しませてくれる。
  • さわやかな香り
  • 葉が他に比べて弱い気がする。黒星病になったものが見られるが、ネット上では黒星病に強くうどん粉病に弱い、とある。
  • 葉の密度が低い。バラの先生によるとこれはこういう性質なのだろう、とのこと。
  • 家の裏側に植えたためか、よく観察しているつもりでも、虫が潜んでいることが多い。

2020年の羽衣

  • 昨年に比べて枝が伸び、花の数も増えた。
  • 他のと比べて葉が弱く、虫がよくついていたので、定期的に薬剤散布が必要
  • 葉がまばらな気がしたが、そういう株もあるということで、気にしないようにした。
  • 道路に面しているので、外からもピンクの花がよく見えてきれい。
  • 開花すると下を向くので、高いところに伸ばして下から見上げるのがよさそう。
おすすめの記事