筋トレの効果

特に競技大会に出るわけでもないのに、40代の半ばになってジムのマシンに張り付いて筋トレをしているオバちゃんなんて、痛い以外の何物でもない。実際に「腕が太くなるよ」と少し年上の女性にけなされたこともある。

普通の女性が、筋トレでウデだろうが足だろうが太くなるなんて、よっぽどのことだ。むしろそこまで頑張った成果を称えたい。人が努力しているのを見て、このような言葉をかける方がどうかと思う。

人からの意見はともかく、筋トレは筋力がない人ほどいいことがたくさんあると思う。もちろんやりすぎは関節を傷めたり、私のように腰痛をこじらせることもある。私の場合は、もともとの歪みが酷かったせいだけど、それほどでもない人だったら少し負荷をかけて体を動かすことはとてもいいと思う。

10年前から筋トレをやってみての感想。

1.普段やっている動作が楽になる。  単純に立ったり座ったり、あるいは後ろを振り返ったりしたときに体が以前よりスムースに動くのを感じる。(どんだけぎくしゃくしていたんだか)

2.疲れない。    例えば1時間のエアロビクスのレッスンを受けたとして、以前はへとへとになっていくらスポーツドリンクを飲んでも足りないくらい汗を流していたのに、同じ時間のレッスンでも余裕をもって終えるし、汗の量も減った。

3.背が伸びた!   私は中学生からずっと身長155センチだった。それが最近測定したら156.2センチになっていた。…誤差だろうか?…わからないけど、うちの食器戸棚の一番上の段に手が届く。以前はつま先立ちじゃないと届かなかったのに。少なくとも縮んでないのは確かと思う。縮むんだよね、50代以降は。

息が上がるくらいしんどいトレーニングじゃないと効果がないというわけでもないらしい。なにか競技に参加して勝負しないといけないスポーツマンなら違うかもしれないけど、健康維持のためだったら、そんなにしんどい運動じゃなくても、ちょっと汗ばむくらいの運動でもやるのとやらないのとでは大違いだ。高いお金を払ってトレーナーに指導してもらうのも一案だけど、今はいろんな本が出ているので、それらを複数読んでみて実際にやってみるのがいいと思う。その際に一つの本だけをうのみにするのでなく、自分に読みやすいのをいくつか読めば、共通していることとそうでないことがあるだろうから、自然にできることが見えてくる。

重力に逆らう運動が健康維持に効果的。でもやりすぎに注意しないとね。大人だもの。

おすすめの記事