秋の庭

お盆も終わったけどあちこちで高温記録更新が続いている。浜松では、なんと41.1度を記録した。

けれども暦の上では8月7日で立秋だ。気温は今がピークだが、日の出の時間が遅くなり、日の入りは早く、太陽の位置も違う。毎日見ている庭にも秋の気配がする。

トンボ

赤とんぼ
シオカラトンボ

7月までは羽根の真っ黒なトンボが飛んでいたが、お盆になってから赤とんぼや青っぽいシオカラトンボがやってくる。

赤とんぼの目の前で、試しに人差し指をぐるぐる回してみたら、前足で頭を掻きむしっていた…。「ヤメテクレェー!」って言ってるような気がした。

秋の種まき

大根
ニンジン
サラダな
この狭い範囲にニラとホウレンソウとダイコン

8月中にコマツナも種まきする予定。

ぱっとしないバラ達

バラ達は総じてぱっとしない。

木立株もつるバラもみんな葉っぱの元気がなく、丸裸になってしまったものもある。黒点病や虫食いだらけ。梅雨がなかなか終わらず、薬剤を撒いても効き目がない。あまりにも大雨が続くので、活力剤をあたえるタイミングも見極められず、7月後半は雑草除去しかやってなかった。

ご近所さんに教えてもらった肥料と培養土を足しては見たものの、今のところ効果は感じられない。強いて言えば、ジャルダン・ドゥ・フランスとアンクルウォルターには新芽が出ているが、ポンパドゥールなどは、丸裸になった上に根ハリが悪く、ぐらぐらしている。

根元には葉っぱがほとんどないのに、先の方は葉っぱがちょこっとついている、といういわゆるホウキみたいなカタチに今年もなってしまったのが多い。。バラ講座でもこういう形にしないために…と習ったはずなのに。

うーーーん、難しいなあ。春は調子よかったんだけどなあ。梅雨時期の管理が難しい…。その後の猛暑もどうしていいのか分からん。夏にいいよ、と言われている活力剤を与えてはいるんだけど。もっと涼しくなったら、もうちょっと元気になるのかなあ。

おすすめの記事