白髪を染めるのをやめて1年以上たちます。もう染めた部分は全くありません。

私は中学生のころから白髪があったのですが、もともと茶色っぽい色だったのとコシのないねこっ毛だったのであんまり目立ちませんでした。しかし30代の終わりごろから隠せないほどになってきて染め始めました。

白髪染めは画用紙に色を塗るのとはわけが違います。人工的な化学物質を敏感な頭皮に密着させて、その後も頭髪に残ったものは頭皮に、ひいては体全体に影響を与え続けます。(と思います。見たわけじゃないので)

もともとハリのない髪だったのが、50代に入ってからますます細く頼りない髪になり、頭皮が見え始めるのではないかと心配になりました。いくらきれいな色に染めても、髪自体がなくなったら意味ないです。それで、はじめは担当の美容師さんに相談しました。

そうすると、まずは頭皮に負担のない成分のカラーリングを選んであげます、ということでちょっとお高めのカラーメニューを勧められました。さらに、それでも髪への負担はゼロではないから、カラーのあとにトリーメントを施し、普段のお手入れも大切ということでサロンお勧めのシャンプー・コンディショナーを購入。気が付くと毎月の美容院代が1万円を超えることに。(それくらい、たいしたことない?)

もう若くないし、美容にお金がかかるのは当然よね、と思っていたのですが、髪の太さは変わりません。細いまま。当たり前なんですけど。

そこで、いったん染めるのをやめてどのくらい自分の頭が白いのか見てみることにしました。いつも染めていると、本当の自分の頭がどんな姿なのかわかりませんから。その時点では、私はどうも部分的に白いところがあって、後ろ頭などはあんまり白くなくて染めなくてもいいんじゃないかと思っていました。

で、1年たったわけですが、結果はいいことずくめです。

まず、髪が太くなりました。出費が減りました。ついでにシャンプーもやめたのでお風呂の作業時間が少なくなってゆったりできるようになりました。カラーもシャンプーの新製品も気にならず、余計なことを考える時間が無くなりました。何よりも、自分の本当の姿でいることが気持ちいいです。

確かに髪の色で印象は変わります。でも色だけが印象を決める要因でしょうか。私の場合、髪がぺったんこになっていくらドライヤーで立ち上げても無駄でしたが、今はほっといても根元から立ち上がります。その方が元気な印象を与えると思うし、何よりも自分の本来の髪でいるという自信が持てます。

若く見えるのはとてもいいことですよね。でも私にとっては毎月お金と時間を費やしてでも頭髪を変化させて若くする価値はあんまりありません。それに、頭髪だけが30代でも顔は50代です。年齢のままに見えてもそれが事実だから別にいいです。

白髪染めを実際にやめてみて思うのは、やっぱり白髪染めは髪に良くないということです。本当に、髪が元気になりましたから。シャンプーもやめても何の問題もありません。そりゃあ、鼻を頭にくっつけておもいっきり吸い込んだらなにがしかの臭いはあるかもしれないですが、そんな目にあうことありません。毎晩お湯でしっかりマッサージしているので普通の距離間で悪臭を放っていることはないと思います。

健康を害してでも自分の理想の姿を追求するんだ!というのがファッションなんですかね。そういうのもアリだと思います。髪の色を変える、体のいろんなところを締め付けたり、妙に長かったり短かったりする衣装を身に着ける、ありえない色を顔に塗る、なんでもやりたければやればいいとおもう。自分の体だし。でも普通は自分の体は一つしかないし、健康でいることが最も大切で、それを損なう可能性のあることはやめた方がいいんじゃないでしょうか。

最近、パンプスを履くことを強制する慣習に異議を申し立てる#KuTooが話題になっていますね。今まで常識だった女らしい服装や身だしなみって、女性にとって不自然で苦痛を与えるものが多いと感じます。白髪を染めることが身だしなみの一つ、という考えもその範疇にはいるんじゃないでしょうか。

おすすめの記事