梅雨時の庭

バラの2番花が咲いているけど…

春はそれなりに開花していたバラも終わり、木立性の株は二番花をつけ始めたものもある。でも全体的に元気がない。葉っぱは黄色くなり、どんどん落葉している。つぼみがついていても、つぼみのうちに虫に食われるものも多く、開花しても形がよくなかったり、大きさも小さい。

プリンセス・ミチコ。春の美しさとは大違い。
ブライダルピンク。花弁に傷が…。

ご近所のバラ先輩のお庭では…

ところが、ご近所にいるバラ栽培の先輩(と私が勝手に思っている)のお庭を訪問したところ、うちとは大違いで、この時期でもたくさんのバラが開花中。特にポンパドゥールは満開と言ってもよく、お庭全体がいい香りに包まれている。この違いは何?根掘り葉掘り聞いてみる。一番花が終わったあと、土の入れ替えと肥料をたっぷり与えたそう。うーん、うちでも木立には牛糞とたい肥をあげたんだけど。

なんでもあげればいいってものでもない。たい肥は近所のスーパーで手に入る共通のものだったが、肥料は違った。先輩イチオシの肥料は、バラの家で売られているバラ専用の肥料だ。

もちろん、家に帰って即座に購入。もうすでに二番花は始まっているけれど、使ってみよう。

その他

アジサイ
キキョウ
アオムシ
守護神 カマキリ様
ナンテンの花
宿敵・カミキリムシ

バラゾウムシは毎日数匹を駆除。素手でつぶす。

アブラムシは見かけない。

昨年同様、一番花が終わると虫と病気に負け気味な庭

今年はバラの先生に直接指導していただいたおかげでなかなかの開花だったが、最初のピークが過ぎると、梅雨時期と言うこともあり、虫と病気(主に黒星病)に負け気味。先生は地植えに肥料はほとんどいらないという方針だが、山を切り崩して造成した団地の我が家周辺では土がものすごく貧弱で、全く栄養がないため、ご近所さんのように少し積極的に肥料をあげた方がいいのかもしれない。バラ先輩の話では、馬糞なども試してみたが、前述のバラ専門店で購入した肥料がものすごくいいとのことなので、試してみよう。

虫については別記事で。

おすすめの記事