断薬中は体調は悪く、気分も悪いのでそもそも食欲がなかったのだけど、体に良くないものを大量に摂取してしまったのだから、それを追い出すほかにないと思っていた。何かで読んだのですが、人間の体は7か月ですべての細胞が入れ替わるそう。まあその真偽はともかく、新陳代謝していることは間違いないから、食べたもので毒素を追い出すつもりで食べた。

食べたほうがいいと思うものを一生懸命に食べた結果、間食が減り、妙にお腹がすいてドカ食いすることが減った。ついでというか、当然だけど、体重も増えた。でも顔色はよくなったらしい。

食べたもの

1.良質のオイル ベンゾの弊害は脳のGABA受容体への影響です。脳細胞はほとんどが脂質で構成されているそうなので、油分の取り方に気を付けました。古い油を使ったものは避け、少々高くても良質のオイルを使います。市販の揚げ物やお菓子、ドレッシングは使わず、亜麻仁油、オリーブオイル、エゴマオイルなどです。また、認知症にココナッツオイルが有効とのことなので、朝のお茶にココナッツオイルを大匙1加えています。

2.野菜 新陳代謝にはビタミンとミネラルが必要です。特に朝ごはんにおいてはエネルギーよりもビタミンの吸収がよいとの事でしたので、野菜は欠かさず食べました。特に生の葉物野菜を結構大量にとります。葉物は生で摂ることがことが多いですが、ニンジン、ピーマン、カリフラワーなどは蒸して食べると甘みがでてとってもおいしいです。

3.いりこ 精神の安定にはカルシウム。しかし乳製品はお腹にあわないので、暇さえあれば食べるいりこをぽりぽりしています。

4.ナッツ類 はじめは、アンチエイジングにいいとかでアーモンドを1日20粒くらい食べていたのですが、他にもおいしいナッツがいろいろあるので、今は自分の好きなナッツを数種類選んで、自分専用ミックスナッツにしておやつに食べています。ナッツは油分が多く、満足感があるので他のおやつを食べなくなりました。

食べなくなったもの

1.サラダ油 もともとお腹が弱くて揚げ物はあんまり食べられないし、市販のものはお腹を壊すことが多かったので全く食べなくなりました。断薬中だから、というより体に悪いと思います。マーガリンなども同じです。

2.菓子パン おやつに毎日のように食べていたのですが、上記のようにいりこやナッツを食べるようになると自然に欲しくなくなりました。

3.市販の洋菓子 小麦粉、砂糖、クリーム類はなんだか添加物がたくさん入っているのを感じます。あられ、せんべいなどは原料がお米なのでまだましかなと思ってよく食べるのですが、洋菓子は加工度が高くて何が入っているのか気になります。香料も多く入っている気がします。あくまでも個人の感想ですが。

おまけ どうしてもやめられないもの

コーヒーとチョコレート カフェインは体に良くないです。それでも特に朝の食後のコーヒーは家族との大事な時間なのでやめられません。ですからコーヒーを飲むときは、①お気に入りのミネラルウォーターで、②専門店で購入した豆を家で挽いて、③1日2杯まで 午前中に 飲むようにしています。チョコレートはコーヒーとともにいただいて単体では食べません。まあ、気休めですけど。

あとから聞いたのですが、断薬前の私は顔色が悪く、やせていて生気がまったく感じられないかったそうです。断薬してしばらくたったころ、知り合いから、頬がふっくらして元気そうになったねと言われました。体は食べたものでできています。おいしく食べれば何でもいいというのも一理ありますが、やっぱり栄養のこともちょっと考えていいものを食べたほうが気持ちがいいものです。

それから、サプリはほとんど摂りませんでした。たくさんありすぎてどれを摂取したら良いかわからなかったのと、添加物が気になったからです。

おすすめの記事