庭の小さいリフォーム

庭の一角がいつも雑草だらけになって、草取りにうんざりしていた。

この家に来て20年以上。大好きな我が家だけど、いったいどれだけの時間を草取りに費やしてきただろう。

草取りの作業自体はそんなに嫌いでもない。だけど、年々腰痛はつらくなるし、バラの木もたくさん増え、庭仕事の量が増える一方。庭に割ける時間も無限にあるわけではないから、もっと簡素化したいと思っていた。

そんな時、知り合いが玄関先をとてもおしゃれにリフォームしていることを知った。なんと彼女は普通はエクステリアの業者に頼むようなことを自力でやってのけていた。自分でやれば、費用は材料費だけで済む。

まったく同じにはできないけど、小さいスペースならマネできるかも。そこで今一番ストレスに感じている草取りの必要なスペースを草取り不要になるように改造することに。

改造前

改造前のこの場所は、道路に面していて、ただの空きスペースだった。そこに夫がバラのための花壇を設置。それだけに周囲が雑草だらけだといくらバラが咲いたとしても残念な感じになるので、ますます草取りに手が抜けなくなった。

そこで、土の部分を上から数センチ土を掘り去って、防草シートを張った。

改造中

で、ところどころにネットで見つけたかわいい敷石を設置し、周囲を白い砂利を敷き詰め、完成。

砂利と土の境界がはっきりしている方がいいかなと思い、アイビーの根元にも板状のレンガを縦に埋め込んだ。

完成!

防草シートが何年持つのかが問題だけど、出来栄えには大満足!お花の模様の敷石はネットで見つけたもので、周辺のホームセンタでは見かけない。お値段も多少かかるけど、その価値はあったと思う。

表面の土をほんの数センチ掘り出すだけで、大量の土が出た。これを庭の畑に運ぶのがものすごく大変で腰痛持ちにはつらかった。土木作業は本当に大変。でもやればできることが分かって、とってもうれしい。腰痛を除けば、作業も楽しかった。材料をあれこれ選ぶのも楽しいし。ホームセンターのこれまで行かなかったエリアに足しげく通って、いろいろな石やレンガを見て回った。

次は玄関脇のスペースに防草シートを張りたい。

の関連記事
おすすめの記事