幼年期の終わり

アーサー・C・クラーク

ずっとずーっと気になっていたがどうしても読む気になれなかったSF小説の古典(なのか?)

たまたま、職場にアニメおたくがいて、いくつか漫画を貸し借りするようになった。その中に昔読んだ萩尾望都大先生の「百億の夜と千億の昼」があり、久しぶりに読んでみると、子供時代のSF好きがよみがえり、そういえば、何度も目にしているけど、読んでないSF小説がたくさんあるなあ、もう老い先短いし、気になることは今しないと、これから体の自由もきかなくなるし、目も見えなくなるし、耳も聞こえなくなるからな…と思って最初に手にしたのがこの本。

「百億の…」は原作は萩尾先生ではない。地球そのものが人類以外の生命体の実験台だった…という設定は子供のころものすごく印象的だった。

この本は、それと設定がよく似ている。漫画ではないから、絵による魅力がなくて、最初はどうも入り込めない。やっぱりSFにおいてはモー様の引力に勝てるものはないなー、と改めて思う。ていうか漫画が好きなんだね。やっぱし。

人類は無駄な争いばかりをしていて、抜き差しならないところまでやって来る。もうだめか、と思ったとところでオーバーロードなる偉大な生命体が現れて、大岡裁きならぬオーバーロード裁きを行って人類の問題を一挙解決。国同士の争いを収め、国境はあって無きがごとし。どの国に住もうと、全くの自由。人類は好きなところに住んで好きなように生きることができるようになった。いいことばっかり。民族のアイデンティティを守るのだ!なんて些末なことにこだわって反乱するような輩も比べ物にならないくらい高度な科学技術を持ったオーバーロードにあっという間に退治される。

いいことばっかりのようだが、究極的に平和になった人類のその先は…?

喧嘩をしない代わりに何をするか?

芸術と学問。人はそれぞれの興味の対象を好きなだけ探求することができるようになる。住む場所もほぼ自由なので、あえてジャングルの中や海底に住むものもあらわれる。どんな場所でも人間が快適に過ごせる技術があるから。

いやー、いいことだ。そんな世界になればいいのに、と本気で思う。

ここまででストーリーのほぼ半分。これだけじゃ終わらないんでしょうね、と思ったあたりから俄然面白くなる。

けど、まあ、「百億の…」を読んだ後ではインパクトはそれほどでもなかった。子供時代に読んでいればまた違ったかもしれないが。

もっとも印象深かったのは、オーバーロードへの連絡手段がファックスだったことだ。1970年代では仕方ないことかもしれないが、通信手段の方法としてホログラムはあってもインターネットは想定外だったらしい。その場にいないオーバーロードがホログラムで目の前に浮かび上がるように見えて会話できるのに、各種のデータを送信するのに、何百台ものファックスを使用しなければならない。面白いけど、時代遅れ感は否めない。

そして、人類も生物であるから、進化する。進化は徐々に進むこともあるけれど、1世代で突如として変わることもある。そういうことの方が多いのかな?生物学的にどうなのか知らないけど、そういうことがオーバーロード出現の100年後に起こる。それがものすごく突飛。そういう突飛なことがすなわち進化なのか?人類って、そうなっちゃうの??とびっくり仰天。進化って、レボリューションって、なんの脈絡もなく、突然起こるものなんだから、ストーリーの展開もそうならざるを得ない…のか…?まあ、いいけど。面白かったから。

現実世界がもうSF的だ。オンラインで買い物し、会話し、ものごとが進んでゆく。地球の裏側にいる人と一緒にひとつのことを行う奇妙さ。すごいけどなじめない。自分はもう現実世界だけでもびっくりしている日々だ。小説なら楽しめるけど、リアルだと冷や汗ものなことばっかり。テクノロジー系の描写が多いエンタメは次々にアウトオブデイトになっていくんだなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です