モナリザ

モナリザの特徴

系統 [F]フロリバンダ
咲き方 四季咲き
花径 10㎝
樹形 半横張
樹高 160㎝
葉の特徴 光沢 
香り 中香
作出 1980年 ドイツ

モナリザは、初心者にもお勧めされる樹勢の強いバラ

花色はアプリコットブレンドと言われるオレンジからイエローのグラデーション。

フロリバンダ系統の割に大きいが、その系統らしく房咲でたくさん咲かせる。

病気はあまり発生しない。

秋にもよく咲く。

伸長力が旺盛。

オレンジとイエローのグラデーション
開花すると、花びらの縁が濃いオレンジ

2020年5月のモナリザ

モナリザの印象

強くて丈夫。

つぼみから開花にかけてどんどん色が変わっていく。どの段階でもきれい。

房咲はすべてそうなのかわからないが、一番最初のつぼみを取ってしまった方が、あとからたくさんのつぼみを付けてくれる気がする。

今年は、向かって左側についた最初のつぼみを取ったところ、あとからたくさんつぼみが育ってきた。

肥料をあげすぎると、葉っぱが変形する。花には影響がなさそう。

この冬は、たい肥を追加したうえに、牛フンも追加して、新芽が出たころ、葉っぱにしわしわがあって心配したが、無事に花をつけてくれてほっとしている。

おすすめの記事