グルス・アン・テプリッツ

購入して10年以上になるもっとも古株のバラ。

購入店では「チャイニーズローズ」と表示されていたと記憶しているが、そのような名のバラは見当たらない。おそらく「チャイナ」という系統の一つと思われる。

「チャイナ」系統の中で、強香、四季咲き、中輪という性質、および花の形状から、グルス・アン・テプリッツという株に違いないと思う。

昨年までは、花は咲くものの、つぼみがつくと同時に葉っぱが次々に黒点病になり、開花する頃には葉っぱがほとんどなくなっている、と言う残念な姿しか見られなかった。

今年は活力剤のためか、葉っぱがとても元気。花もよく咲いて、周りのアンジェラやボニーに負けず劣らずきれいに咲いてくれた。

グルス・アン・テプリッツの特徴

系統 [Ch]チャイナ
咲き方 四季咲き 
花径 7㎝ 
樹形 半直立
樹高 1~2.5m
葉の特徴 半艶 5枚葉
香り 強香
作出 1897年以前 旧オーストリア=ハンガリー帝国

最初に購入、長年知識ゼロで育てたバラ

バラを植えたものの、どうしていいかわからず、葉っぱが毎年のように黒点病になっていた。花だけは健気に咲くのがまた気の毒な感じであった…。

バラ講座に通うようになって、はじめていろいろと手入れをするようになり、やっと葉っぱも花も楽しめるように。

開花が進むと、花の重みで下を向く。これは栄養が足りないせいだと思っていたのだが、そういう品種らしい。そういう株は、高いところまで仕立てて、下から見上げるようにするとよいので、アーチなどにするといいらしい。うちのはまだまだそこまでは育っていないけど、トレリスにしたり、オベリスクにしたりと何でも可能らしいので、これからが楽しみだ。

香りが強く、たくさん咲くと周囲にもいい香りがする
おすすめの記事