秋の庭

お盆も終わったけどあちこちで高温記録更新が続いている。浜松では、なんと41.1度を記録した。 けれども暦の上では8月7日で立秋だ。気温は今がピークだが、日の出の時間が遅くなり、日の入りは早く、太陽の位置も違う。毎日見てい… 続きを読む 秋の庭

投稿日:
カテゴリー:

原稿零枚日記

著者 小川洋子 小説家の日記という体で書かれた掌編集。 のっけから違和感満載。 九月のある日(金) 長編小説の取材のため宇宙線研究所を見学し、F温泉に泊まる。 長編小説と宇宙線研究所…。ぜんぜんつながらない。 でも、そう… 続きを読む 原稿零枚日記

日本人は世界一 お金の正体を知らない

「お金とは何か?」 この問いに答えられないまま大人になってしまった人へ。 著 渡邊賢太郎 リーマン・ショック後、大手証券会社を退職し、世界中をバックパッカーで旅した著者がお金について学び感じたこと。 証券マンとして働いて… 続きを読む 日本人は世界一 お金の正体を知らない

ドロヘドロ

エヴァンゲリオン以降、アニメにほとんど興味が湧かなかった(ジブリは別)。特に戦う系のアニメはマジンガーZが最後。 でもこれは面白かった!出だしは血みどろの殺戮場面から始まって、こりゃダメだ、と思っていたのだけど… ディス… 続きを読む ドロヘドロ

梅雨時の庭

バラの2番花が咲いているけど… 春はそれなりに開花していたバラも終わり、木立性の株は二番花をつけ始めたものもある。でも全体的に元気がない。葉っぱは黄色くなり、どんどん落葉している。つぼみがついていても、つぼみのうちに虫に… 続きを読む 梅雨時の庭

投稿日:
カテゴリー: タグ:

生きるとは、自分の物語をつくること

河合隼雄 小川洋子 対談集 臨床心理学者である河合隼雄氏と小説家小川洋子氏との対談集。 「博士の愛した数式」をきっかけに、高校の数学教師であった河合隼雄が興味を持ち、小川洋子との対談が行われた。この物語の作られた背景、数… 続きを読む 生きるとは、自分の物語をつくること

パレード

一度はカミキリムシにやられて枯死してしまい、再度購入。明るいピンク色。 パレードの特徴 2020年のパレード 濃いローズ色が今年は特に鮮やかで、ひとつひとつの花がとても美しかった。でも、花数は今一つ。購入2年目なので、も… 続きを読む パレード